少年戯画ぽいと思ったヨアケモノが魔物だらけな貰い

繊細関連ブロンド女の子のミリンダが良すぎるのでヘヴィーオブジェクトSを読みました。以前にアニメエディションを見ていて、コミックのヤツはいよいよですが、何も気にせずに読破する事が出来たので、だらだらでハマったのでしょうね。とっととクウェンサーからのメイルを見ながら嬉しそうなミリンダは鼻歌交じりで凶悪な兵器オブジェクトを弄っていらっしゃる。こういうどでかいメタルの群れは、核兵器も崩しきれない化け物ですが、実質は美少女が乗っている雛形が多いのが特徴です。アニメエディションヘヴィーオブジェクトまずは、ちっちゃな女からミリンダという中学校くらいの女の子、ひいてはイケメンまで何かとパイロットがいました。コミックエディションでは、最初にサクッとこの辺りを解説してくれているので、アニメを観ていない自身も、それなりに味わえる規準となっていてイイ印象でした。あんなお姫様は、急遽負けてくれるので、楽に辺りは火ばかりで驚きですね。それでも、途端、軽々とレスキューとかダイジェストエディションのアニメみたいです。繊細関連女の子が出るならはち切れんばかりのムチムチ関連も出てくる意図で、クウェンサーらの上司、フローレイティアさんとか、二度とダイナマイト超えるカラダとなっていました。挿画的には主役らがアニメエディションと遜色ない印象で、読み応え的には弊害無かったです。ヘヴィーオブジェクトSがメッセージの進み方が速いですが、1メッセージ毎の扉絵がカワイイので、休憩塗り付けるのが素晴らしいです。意外と、ミリンダ博士だったら、2メッセージの時点で平安って萌えを取り戻していると思われます。お話はアニメで予習し過ぎているのに、割と素直に読めるのはコミックエディションが賢く描かれているからでしょうね。のち、逐一お姫様のセリフが、妙に平仮名交じりなのが、疑わしい萌えを幸福で最高でした。さりげなく簡単な漢字だけを使って、以外は平仮名とか、はっきり言ってあざといですが、恨めしいけど萌えちゃいらっしゃる。ダメージを受ける度にハァハァいうとか、一体どんなプロセスなのだろう?とか突っ込んでいたら駄目ですね。